ポケットWiFiのはじめ方

ぽけわい!

ソフトバンクエアー

ヤマダ電機でソフトバンクエアー申し込みはお得じゃない?

投稿日:

「ポケットWiFiをヤマダ電機とか家電量販店で申し込むのは、
あまりお得じゃないって言われるよね」

「じゃあ、『ソフトバンクエアー』もヤマダ電機とかで申し込むのは
あまりお得じゃないのかな?」

大手携帯キャリアであるソフトバンクが、光回線代わりとして使うことを前提として
提供しているサービスが「ソフトバンクエアー」です。

スマホやポケットWiFiと同様に、ソフトバンクエアーもヤマダ電機などの家電量販店で
申し込むことができるようになっています。

ただソフトバンクエアーをヤマダ電機などの家電量販店で申し込むのは、正直なところ、
あまりお得じゃないのでオススメできないんですよね。

では、ヤマダ電機などの家電量販店でソフトバンクエアーを申し込むのが
お得じゃないのはどうしてなのか?ソフトバンクエアーをお得に申し込むには
どうすれば良いのかを詳しく見ていきましょう。

またソフトバンクエアーは少しクセのあるサービスなので、
ソフトバンクエアーを申し込む際に注意すべきことも合わせて紹介します。

ヤマダ電機でソフトバンクエアーを申し込んでも特典なし?

ヤマダ電機など家電量販店でのソフトバンクエアーの申し込みがお得じゃない
大きな理由は、申込特典がイマイチだからです。

例えばヤマダ電機でソフトバンクエアーを申し込んだ場合の特典は、
5,000~10,000円程度のポイントか商品券です。

貰える金額があまり大きくないということもありますし、
何より現金じゃなくてポイントか商品券というのが大きなマイナスポイントです。

Tポイントや全国共通ギフト券などのように、
ヤマダ電機以外のお店でも使えるポイントや商品券ならお得じゃないこともありません。

しかしヤマダ電機でソフトバンクエアーを申し込んだ際に貰えるポイントは、
ヤマダ電機でしか使えないものです。

欲しい電化製品がある場合は多少安く買えてお得かもしれませんが、
特に欲しい電化製品が無い場合はほとんど使い道が無いことになってしまいます。

家電量販店でソフトバンクエアーを申し込むといつでも特典が貰えるわけじゃない

ソフトバンクエアーの申し込みでポイントや商品券などの特典が貰えるのは、
基本的に家電量販店でソフトバンクエアーのキャンペーンが行われている時だけです。

ネットで申し込みを受け付けているソフトバンクエアーの代理店だと、
ほぼ恒常的にキャンペーンが行われていて、いつ申し込んでも特典が貰えたりします。

ところがヤマダ電機などの家電量販店では、
キャンペーン期間中以外の申し込みでは1円の特典も貰えません。

タイミング良く、自分がソフトバンクエアーを申し込む時期と
家電量販店のキャンペーン時期が合えば良いですが、そうでないと家電量販店で
ソフトバンクエアーを申し込んでも何も貰えないことになるんです。

特典が貰えないからと言って損と言うわけじゃないんですが、申し込み時期や
申し込み先によっては特典が貰えたわけですから「損した気分」にはなりますよね。

特典を貰うのに条件が付いていることもある

ヤマダ電機など家電量販店のキャンペーンでは、
単にソフトバンクエアーを申し込むだけで特典が貰える場合もあります。

ところがキャンペーン内容によっては、特典を貰うためにはソフトバンクエアーの
申し込みと同時に電化製品を購入しないといけないこともあるんです。

電化製品の同時購入が特典の条件となっている場合は、特典はポイントや
商品券ではなく、同時購入した電化製品の割引という形になることも少なくありません。

例えば、ヤマダ電機でソフトバンクエアーの10,000円キャッシュバックキャンペーンが
行われているとします。

特に条件が付いていない場合は、
ソフトバンクエアーを申し込むだけで10,000円分のポイントか商品券が貰えます。

電化製品の同時購入が条件となっている場合は、
ソフトバンクエアーを申し込むことで電化製品が10,000円割引になるといった具合です。

特典が5,000~10,000円程度だとソフトバンクエアーの申し込みだけで貰える場合も
ありますが、30,000円40,000円など特典の金額が大きい場合には電化製品の
同時購入が条件になることが多くなります。

高額キャッシュバックが貰えるからと急いでヤマダ電機でソフトバンクエアーを
申し込むと、要らない電化製品も買わされたなんてことになるかもしれませんよ。

家電量販店でソフトバンクエアーを申し込むメリットがデメリットになることも

スマホやポケットWiFiを家電量販店で申し込むのには、
「店員さんに詳しく話が聞ける」というメリットがあります。

端末の使い方を教えてもらったり、自分に合った料金プランについて相談したりと、
特に初めてスマホなどを申し込む場合には店員さんの話が聞けるというのは
大きなメリットとなります。

ソフトバンクエアーの申し込みでも家電量販店の店員さんの話が聞けることは
メリットなんですが、逆にデメリットになってしまうこともあるんですよね。

詳しくは後述しますが、
ソフトバンクエアーって申し込み条件やサービス内容に結構「クセ」があります。

家電量販店の店員さんがソフトバンクエアーの「クセ」をしっかりと把握していないと、
間違った説明をされてしまいます。

家電量販店では何の問題も無く申し込めたのに、
後日ソフトバンクから電話が掛かってきて「条件を満たしていないので契約できない」
と言われたりする恐れもあります。

またソフトバンクエアーにはソフトバンクやワイモバイルのスマホとのセット割が
あるんですが、家電量販店の店員さんがそれを分かっておらず
割引が受けられないといったことも考えられます。

ですから、ソフトバンクエアーについて詳しい話を聞いてから申し込みたい場合は、
家電量販店ではなくソフトバンクショップに行った方が良いと思います。

ソフトバンクエアーをお得に申し込むならネットの代理店

ソフトバンクエアーの申し込みは、
家電量販店やソフトバンクショップよりも代理店サイトで行う方がお得です。

ヤマダ電機など家電量販店では、特典で貰えるのはポイントや商品券ですし、
その金額もあまり大きくありません。

家電量販店のキャンペーンで大きな金額が貰える場合には、ソフトバンクエアーの
申し込みと同時に電化製品を購入しなければならなかったりします。

ソフトバンクショップでの申し込みに至っては、特典らしい特典すら貰えません。

その点代理店サイトでのソフトバンクエアーの申し込みでは、
30,000円以上の高額キャッシュバックが貰えることもあるんです。

30,000円以上のキャッシュバックが貰えるソフトバンクエアーの代理店は
 ・エヌズカンパニー・・・33,000円(2,000円増額あり)
 ・アウンカンパニー・・・33,000円(2,000円増額あり)
 ・NEXT・・・33,000円(2,000円増額あり)
 ・ブロードバンドナビ・・・36,000円
などです。(金額は2019年5月現在)

いずれも現金でキャッシュバックが貰えますから、
欲しいものの購入資金にするも良し、欲しいものが無ければ貯めるも良し、
ソフトバンクエアーの料金支払いに充てることだってできます。

しかも、これらの代理店サイトではほぼ恒常的にキャッシュバックキャンペーンが
行われています。
(キャッシュバック金額が多少変わることはある)

なので家電量販店のように、
申し込むタイミングによっては特典が貰えないなんてこともほとんど無いんですね。

代理店サイトのキャッシュバックはタダじゃ貰えない!?

先に紹介した代理店サイトのキャッシュバックは、
基本的にソフトバンクエアーを申し込むだけで貰えます。

2~3日以内の事前情報登録や有料オプション加入で増額されることはありますが、
キャッシュバックが貰えること自体に条件は付いていません。

ところが他のソフトバンクエアーの代理店サイトでは、
キャッシュバック進呈に様々な条件を付けていることも少なくありません。

有料オプションへの加入が絶対条件になっていることも多いですし、
知り合いの紹介がキャッシュバックの条件になっていたりすることもあります。

他にも、電話での即決申し込みや「ソフトバンク光」とのセット申し込みをしないと
キャッシュバックが貰えない代理店サイトもあったりします。

こういう様々な条件が付いている代理店サイトのキャッシュバックは、
60,000円70,000円などの超高額となっていることも多いです。

超高額キャッシュバックに目がくらんで申し込むと、
条件が厳しすぎて1円もキャッシュバックが貰えないなんてことにもなりかねませんよ。

ソフトバンクエアーを申し込む際に注意すべきこととは?

先にも書きましたが、ソフトバンクエアーはWiMAXなどに比べると「クセ」のある
サービスで、申し込む際には色々と注意しないといけないことがあるんです。

まず1つは「対応エリア」の問題です。

ソフトバンクエアーはソフトバンクのサービスなので、
ソフトバンクのLTE回線を使うと思っている人も多いかもしれません。

しかし実際には、ソフトバンクエアーで主に使うのは「AXGP」という回線です。

AXGPはワイモバイルのポケットWiFiで無制限プランを利用する場合にも使う回線で、
今のところLTE回線やWiMAX回線に比べて対応エリアが狭くなっています。

ソフトバンクの公式サイトにあるエリアマップだと分かりにくいですが、
ワイモバイルの公式サイトにあるエリアマップだとその「狭さ」がよく分かります。

基地局の整備が進んでいる関東は比較的広いエリアで使え、LTE回線には
及ばないもののWiMAX回線なら何とか勝負ができるぐらいの広さとなっています。

ところが関東以外の地域は、まだ基地局の整備が十分に進んでおらず、
関東に比べてぐっと対応エリアが狭くなります。

極端な話でも何でもなく、
本当に都市部と幹線道路沿いぐらいしか対応エリアに入っていないんです。

なのでソフトバンクエアーを使いたいと思っても、自宅周辺が対応エリアに
入っていないので申し込みを断られることもありえるんですね。

自宅がマンションの11階以上だとダメ

ソフトバンクエアーは、基地局のアンテナの向きなどの関係で、
マンションやビルの高層階では電波が届きにくくなっています。

実際ソフトバンクの公式サイトには、「ソフトバンクエアーの提供をお断りする場合」
として「11F以上の高層階」が挙げられています。

ですから自宅がマンションの11階より上にある場合には、ソフトバンクエアーの
申し込みを断られてしまう可能性が高いということです。

ちなみにWiMAX回線も以前は、高層階では電波が届きにくいという問題がありました。

しかし現在は基地局に高層階用のアンテナを増設したり、
中に中継所を設置するなどして高層階での電波状況の改善を進めています。

なので現状では11階以上でのソフトバンクエアーの利用は難しいですが、
今後アンテナの増設されるなどすれば11階以上でもソフトバンクエアーが
使えるようになる可能性はあります。

モバイル回線だけどソフトバンクエアーは持ち運びできない

ソフトバンクエアーは、スマホやポケットWiFiと同じで、
基地局と端末の間で電波を使って通信するいわゆる「モバイル回線サービス」です。

ただスマホやポケットWiFiと同じと言っても、スマホやポケットWiFiのように
持ち運んで使うということはソフトバンクエアーではできません。

ソフトバンクエアーは電源コードをコンセントに挿すだけで使えますから、
厳密に言えば、コンセントのあるところへなら持って行っても使えないことはありません。

しかしソフトバンクエアーはあくまで光回線代わりとして使うことを前提としており、
申し込み時に登録した住所以外で利用することが原則できないようになっています。

位置情報などからソフトバンク側はソフトバンクエアーの利用場所を把握しているらしく、
もし登録した住所以外の場所でソフトバンクエアーを使うと警告を受けます。

警告を無視したり、たびたび警告を受けるような場合には、
強制的に解約させられる恐れもあります。

引っ越しの場合は、事前に引っ越し日と引っ越し先をソフトバンクに伝えておくことで、
引っ越し先が対応エリア内であれば引き続きソフトバンクエアーを使うことができますよ。

ソフトバンクエアーは原則1契約者・1住所・1台

スマホやポケットWiFiの場合、1人で複数台契約することができます。

ポケットWiFiを2台3台持っている人は少ないかもしれませんが、
スマホは仕事用とプライベート用を分けるなど1人で2~3台持っている人は
結構多いんじゃないでしょうか。

ところがソフトバンクエアーは原則として、
 ・1人で複数台契約
 ・1つの住所で複数台契約
することができません。

ソフトバンクエアーを1人・1つの住所で複数台契約することは少ないと思いますが、
例えば自営業で店舗兼住宅でソフトバンクエアーを利用する場合は
1人・1つの住所で複数台契約する可能性があります。

自宅で使う用と店舗でお客さん用のWiFiとして、同じ名義で1つの住所で
2台のソフトバンクエアーを使いたいという場合もあるかもしれません。

原則1人1台ですから、使う目的が違うとはいえ、
同じ名義で2台のソフトバンクエアーを申し込むことはできません。

また1住所1台も原則なので、夫名義・妻名義と契約者の名義を変えたとしても
利用場所として登録する住所が同じだと、やはり申し込みは断られてしまいます。

このようにWiMAXなどに比べると、
ソフトバンクエアーは申し込む際に注意しなければならないことが多くなっています。

今後使いやすく改善される可能性もありますが、
現状ではソフトバンクエアーは「使う人を選ぶサービス」かもしれないですね。

-ソフトバンクエアー

Copyright© ぽけわい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.