ポケットWiFiのはじめ方

ぽけわい!

ソフトバンクエアー

ワイモバイルスマホとソフトバンクエアーのキャンペーンってある?

投稿日:

「自宅のインターネット回線として『ソフトバンクエアー』なんかどうだろう?」

「ワイモバイルのスマホを使っているし、
キャンペーンでスマホかソフトバンクエアーの料金が安くなったりしないかなぁ」

WiMAXの回線事業者である「UQWiMAX」は、
大手携帯キャリアのauと同じKDDIグループであり、
WiMAXのモバイルルーターとauスマホを一緒に使うことでセット割が適用されます。

ソフトバンクとワイモバイルも同じソフトバンクグループですから、
WiMAXとauのようなセット割が利用できると期待しちゃいますよね。

実際ワイモバイルのスマホとソフトバンクエアーの組み合わせであれば、
「おうち割光セット」というセット割が適用されます。

適用条件や割引額などおうち割光セットの詳しい内容を見ていくとともに、
WiMAXとauのセット割と比較してみましょう。

また「ソフトバンクエアーって何?」という人のために、
ソフトバンクエアーのサービス内容も簡単に説明します。

「おうち割光セット」でスマホ代が最大1,000円割引

おうち割光セットの適用条件はシンプルで、
 ・ワイモバイルのスマホ
 ・ソフトバンクエアー
を一緒に使うだけです。

ワイモバイルのスマホとソフトバンクエアーの組み合わせでは、
特定のオプション加入が必要などの条件はありません。

おうち割光セットが適用されると、ワイモバイルのスマホの料金プランごとに
 ・スマホプランS・・・500円
 ・スマホプランM・・・700円
 ・スマホプランL・・・1,000円
の割引が毎月受けられます。

ワイモバイルのスマホかソフトバンクエアーの両方もしくはどちらかを解約すると
割引は終了ですが、セットで使っている限りはずっと割引は続きます。

ワイモバイルは「ソフトバンクの格安SIM」で、
元々スマホ料金はソフトバンクなど大手携帯キャリアに比べると安くなっています。

ですからソフトバンクエアーとのセットでさらに割引が受けられるとなると、
これはかなりお得ですね。

ソフトバンクエアー1回線につきワイモバイルスマホ10回線まで割引

おうち割光セットは、ソフトバンクエアー1回線につき
ワイモバイルのスマホ10回線まで割引を受けることができます。

なので家族でワイモバイルのスマホを使っていれば、余程の大家族でもなければ、
家族全員分のスマホで割引が受けられますよ。

スマホの回線数が多いほど割引額も大きくなりますから、
ソフトバンクエアーを申し込むのを機に家族のスマホをワイモバイルで統一する
というのもアリかもしれませんね。

ただしワイモバイルには2回線目以降のスマホ代が月500円安くなる
「家族割引サービス」があり、家族割引サービスとおうち割光セットは併用できません。

おうち割光セットの方が割引額が大きいですから、ソフトバンクエアーをセットで
使う場合には家族割引サービスではなくおうち割光セットを利用した方がお得です。

ソフトバンクエアーとワイモバイルスマホの名義が違っても良い?

おうち割光セットのようなセット割では、
通常利用者の名義が同じでないと適用されないということも少なくありません。

しかしおうち割光セットは、家族であればソフトバンクエアーと割引対象となる
ワイモバイルスマホの名義が違ってもOKなんです。

例えば家族で息子だけがワイモバイルスマホを使っている場合、
父親名義でソフトバンクエアーを申し込んでも
息子名義のワイモバイルスマホとセットでおうち割光セットが適用されます。

ただし別名義でおうち割光セットを利用する場合には、
 ・同住所、同姓であることが確認できる本人確認書類
 ・家族関係が確認できる戸籍謄本や住民票記載事項証明書
といった「家族確認書類」の提示が必要となります。
(原則コピーではなく原本)

ソフトバンク光とワイモバイルスマホでもおうち割光セット

ワイモバイルのスマホとソフトバンクエアーだけでなく、
ワイモバイルのスマホとソフトバンク光でもおうち割光セットは適用されます。

割引サービスの名前が「光セット」となっているわけですから、
元々はこちらのソフトバンク光とのセットがメインなんですね。
(ソフトバンクエアーはモバイル回線で光回線じゃない)

対象となる回線が違うだけで同じ割引サービスですから、
割引額や最大10回線まで割引が受けられるなどの内容は全く同じです。

ただ、ソフトバンクエアーではオプション加入の必要がありませんでしたが、
ソフトバンク光では必要なオプションに加入しないとおうち割光セットが
適用されないというところに違いがあります。

ソフトバンク光でおうち割光セットを利用するには
 ・光BBユニットレンタル
 ・Wi-Fiマルチパック
 ・ホワイト光電話、BBフォン、光電話+BBフォンのいずれか1つ
の3つのオプションに加入しないといけません。

「光BBユニット」は、ソフトバンク光でより安定した高速通信が可能となる
「IPv6高速ハイブリッド」というサービスやひかり電話を利用するのに必要な機器です。

「Wi-Fiマルチパック」は、
その光BBユニットにWi-Fiルーターとしての機能を付与するためのオプションです。

通常これら3つのオプションを利用すると月2,000円近く掛かるんですが、
おうち割光セットを利用するのに加入する場合は3つまとめて月500円で利用できます。

ソフトバンク光ではおうち割光セットを利用するのにオプション加入が必須となると、
ソフトバンクエアーでおうち割光セットを利用するより少しハードルが高いと
感じるかもしれないですね。

ワイモバイルのポケットWiFiとソフトバンクスマホのセット割は無い

実はワイモバイルのスマホの代わりにワイモバイルのポケットWiFiを使うことでも、
ソフトバンクエアーやソフトバンク光とのおうち割光セットが利用できます。

もちろんワイモバイルだけでなくソフトバンクのスマホやポケットWiFiでも、
おうち割光セットは利用できます。

しかしワイモバイルのポケットWiFiとソフトバンクのスマホ、あるいはワイモバイルの
スマホとポケットWiFiという組み合わせにはセット割がありません。

どちらかと言うと、ワイモバイルスマホとソフトバンクエアーよりソフトバンクスマホと
ワイモバイルのポケットWiFiをセットで使っている人の方が多そうですが・・・。

ワイモバイルとソフトバンクのサービスなら、
どんな組み合わせでもセット割が適用されるわけじゃないんですね。

おうち割光セットとauスマートバリューmineはどっちがお得?

ワイモバイルスマホとソフトバンクエアーでおうち割光セットが適用されるように、
auスマホとWiMAXのポケットWiFiで「auスマートバリューmine」というセット割が
適用されます。

ちなみに、WiMAXにも「L01s」や「L02」といった光回線代わりに使うことを前提とした
据え置き型の端末があります。

auスマートバリューmineもスマホの料金プランによって割引額が変わりますが、
最大1,000円割引はおうち割光セットと同じです。

ただauスマートバリューmineは、
WiMAXのポケットWiFi1回線につきauスマホ1回線にしか適用されません。

なので家族で同じキャリアのスマホを使っている場合には、
最大スマホ10回線まで割引が受けられるおうち割光セットの方が断然お得です。

またauスマートバリューmineでは、
auスマホとWiMAXのポケットWiFiの名義が同じでなければいけません。

おうち割光セットは家族であればスマホとソフトバンクエアーの名義が違っても
OKですから、使いやすさの点でもおうち割光セットの方が上です。

WiMAXのポケットWiFiとソフトバンクエアーの料金を比べると、
少しソフトバンクエアーの方が高くなっています。

しかしワイモバイルスマホとauスマホの料金を比べると、
断然ワイモバイルスマホの方が安いので、全体的な通信費を考えても
おうち割光セットを利用した方がお得な可能性が高いですね。

ソフトバンクエアーってどんなサービス?

ソフトバンクエアーについて知っていることを前提におうち割光セットについて書いて
きましたが、中にはソフトバンクエアーのことをよく知らないという人も居ると思います。

そこで最後にソフトバンクエアーについても簡単に触れておきましょう。

ソフトバンクエアーは「置くだけWi-Fi」と言われるもので、
端末の電源コードをコンセントに挿すだけでWi-Fiが使えるようになります。

光回線のように開通工事が必要じゃないので、申し込みから開通まで何週間も
待たされたり、工事業者が家の中に入ってきて作業をするといったことがありません。

ソフトバンクエアーは光回線代わりとして使うことを前提としていますから、
当然通信量は無制限です。

またWiMAXやワイモバイルの無制限プランの3日間10GBのような
短期間の通信量にも制限は設けられていません。

WiMAXやワイモバイルのポケットWiFiでは端末を購入しますが、
ソフトバンクエアーでは端末を購入することもできますしレンタルすることもできます。

端末の購入とレンタルで多少料金が違い
 ・購入・・・1~24か月目・・・3,800円
       25か月目以降・・・4,880円
 ・レンタル・・・1~24か月目・・・4,290円
          25か月目以降・・・5,370円
となります。

端末を購入する場合は「月月割」が適用されて端末代が実質無料になるので、
レンタル料が掛かるレンタルの場合より料金が安くなるんですね。

同じ通信量無制限のWiMAXやワイモバイルのポケットWiFiの料金が
月4,380円ですから、最初の2年間に限ってはソフトバンクエアーの方が安く使えます。

ただWiMAXには無制限プランをソフトバンクエアーより安く提供するプロバイダも
ありますし、長期的に利用することを考えるとWiMAXの据え置き型端末を使った方が
お得ですね。

ソフトバンクエアーは使いたくても使えない?

ソフトバンクエアーは対応エリアが現状ではWiMAXより狭くなっており、
住んでいる地域によっては使いたくても使えないこともあるんです。

「ソフトバンクやワイモバイルのスマホが使えてるから問題無い」
と思うかもしれませんが、
実はソフトバンクエアーではソフトバンクの回線はほとんど使いません。

ソフトバンクエアーで主に使うのは、
ワイモバイルのポケットWiFiの無制限プランでも使われる「AXGP」という回線です。

ワイモバイルの前身の1つであるウィルコムがPHS用に使っていた回線に改良を
加えたもので、基地局から発信する電波の届く距離がスマホのLTE回線に比べると
短くなっています。

そのためLTE回線と同じぐらいの広さの対応エリアを確保するにはより多くの基地局が
必要ですが、現状ではAXGPの基地局の整備が十分に進んでいません。

東京を中心とした関東エリアは比較的基地局の整備が進んでいるので、
LTE回線ほどではありませんが、それなりに対応エリアは広くなっています。

しかし関東以外の地域では、
都市部と幹線道路沿いぐらいでしか繋がらないというのが現状です。

なので関東以外の地域に住んでいる人は、
ソフトバンクエアーが使いたくても使えないことも十分に考えられるんですね。

ソフトバンクエアーは端末を購入すると4年縛りに!?

ソフトバンクエアーの契約期間は2年で、
利用開始から2年後の更新月に解約すれば違約金は発生しません。

ところがソフトバンクエアーの端末を購入する場合には、
契約期間は2年でも「4年縛り」になってしまうんです。

ソフトバンクエアーの端末を購入する場合、月月割が適用されて実質無料ですが、
36回分割で端末代を支払うことになります。

ですから最初の更新月で解約すると、
残りの12回分の端末代(約13,000円)を清算しなければいけません。

じゃあ端末代の分割払いが終わってから解約すればとなりますが、
その場合は当然2年契約の最中ですから9,500円の解約違約金が発生します。

一切費用を掛けずに解約するのであれば、
最低4年はソフトバンクエアーを使い続けないといけないというわけです。

レンタルなら最初の2年契約満了時に違約金無しで解約できますが、
購入する場合より2年総額10,000円近く余分にレンタル料を払うことになります。

ワイモバイルスマホとソフトバンクエアーでおうち割光セットを利用するのは良いですが、
先の対応エリアが狭いことと端末購入で4年縛りになることは覚えておいた方が
良いですよ。

-ソフトバンクエアー

Copyright© ぽけわい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.