ポケットWiFiのはじめ方

ぽけわい!

未分類

固定WiFiなのにおすすめは光回線よりポケットWiFi?

投稿日:

「これから一人暮らしをするんだけど、
一人暮らしの部屋でもWiFiぐらいは使えるようにしておきたいよね」

「外ではあんまりネットを使わないし、
自宅だけの固定WiFiにするなら光回線の方が良いのかな?」

数年前までであれば、WiFiを必要とするのが自宅だけの場合は
実質的に光回線しか選択肢がありませんでした。

もちろんWiMAXやワイモバイルといった通信量無制限のポケットWiFiも
既にありましたが、固定WiFiとして使うにはポケットWiFiではちょっと力不足
だったんですね。

ところが最近は端末の性能やサービス内容が向上しており、ポケットWiFiでも
固定WiFiとしての役割が十分に果たせるようになってきています。

家族でWiFiを使うならまだまだ光回線が優勢ですが、一人暮らしの部屋で使う
固定WiFiならむしろ光回線よりポケットWiFiの方がおすすめだったりするほどです。

では光回線とポケットWiFiを比較して、なぜ一人暮らしの固定WiFiは
光回線よりポケットWiFiがおすすめなのか、その理由を見てみましょう。

開通に光回線は1か月かかり、ポケットWiFiは即日も可能

ポケットWiFiが光回線より優れている点としてまず挙げられるのが、「開通の早さ」です。

光回線は申し込んでから工事が完了して実際に開通するまで、
少なくとも2週間から1か月はかかります。

「auひかり」や「NURO光」「電力会社系光回線」のフレッツ光以外の光回線だと、
申し込みから開通まで最短でも1か月以上となります。

光回線を申し込むと、まず回線事業者で申込者の住所登録、
そしてプロバイダでユーザー登録が行われます。

auひかりなどフレッツ光以外の光回線の場合は、
その後に開通工事が可能かどうかの現地調査が入ります。
(フレッツ光以外は申込者宅の最寄り電柱まで光ケーブルが来ていないこともあるので)

それから工事業者と開通工事の日程調整をして、工事が実施されて、
ようやく自宅に光回線が開通します。

最初の住所登録・ユーザー登録に約1週間、現地調査に約2週間、
日程調整から工事実施まで少なくとも約1週間が大体の目安です。

なので現地調査不要のフレッツ光は最短で2週間、現地調査が必要な
フレッツ光以外の光回線では最短でも1か月開通までにかかるんですね。

日程調整から工事実施まで1週間かなり早い方で、工事業者の繁忙期ともなると
最短でも工事実施が1か月2か月先になってしまうこともあります。

対してポケットWiFiは電波を使った無線通信ですから開通に工事は不要で、
家電量販店などの店舗で申し込めば即日開通だって可能なんです。

これから一人暮らしを始める場合は、
引っ越しに伴って自宅のWiFi環境を整えることになると思います。

光回線を引っ越し後すぐに使えるようにするなら、引っ越し業者を手配するぐらいの
早い時期に光回線の申し込み手続きもしておかないといけないんですね。

光回線の工事業者の繁忙期は引っ越し業者の繁忙期と重なりますから、
光回線の申し込み手続きが数日遅れるだけで、引っ越し後1か月も2か月も
自宅でWiFiが使えないなんてことになってしまいます。

なので即日開通も可能で引っ越し後に申し込み手続きをしてもすぐに使えるようになる
ポケットWiFiの方が、これから一人暮らしを始める場合にはおすすめです。

ポケットWiFiは再度引っ越しする場合にも手続きが簡単

一人暮らしの場合、今住んでいるところが「終の棲家」になることはまず無いと思います。

学生なら就職、社会人なら給料に見合ったところに移ったり、転勤、転職、結婚など
色々な事情で再度引っ越しをする可能性が高いです。

自宅の固定WiFiがポケットWiFiであれば、
再度引っ越しする際も手続きが非常に簡単なんです。

光回線の場合、今住んでいるところの回線を廃線にし、
引っ越し先で新たに開通工事を行わないといけません。

場合によっては「原状回復」で、今住んでいるところの回線を廃線にするだけでなく、
回線の撤去まで求められることもあります。

撤去が必要な場合は、撤去と開通の2度の工事に立ち会うことになります。

当然開通工事もすぐにはできませんから、
引っ越し後しばらくは自宅でWiFiが使えなくなることも考えられます。

一方ポケットWiFiは、引っ越し後に住所変更の手続きをするだけで、
端末を引っ越し先に持って行けばそのまま引き続き使うことができます。
(事業者によっては引っ越し前に住所変更手続き)

引っ越し元の廃線・撤去を気にする必要はないですし、
引っ越し後しばらく自宅でWiFiが使えないなんてこともありません。

再度引っ越しする可能性が高いということを考えても、
一人暮らしの固定WiFiはポケットWiFiがおすすめです。

ポケットWiFiは女性や機械が苦手な人向き?

ポケットWiFiの開通に工事不要というのは、
見方を変えると女性向きと言えなくもありません。

女性作業員が全く居ないわけではないと思いますが、
光回線の開通工事に来てくれる作業員の多くは男性です。

光回線の開通工事では部屋に光ケーブルを引き込んで最終的に「ONU」という機器を
室内に設置するので、当然室内でも作業を行います。

あくまで光回線の開通工事に来ているだけで、部屋の住人が女性だろうが男性だろうが、
何か変なことをするなんてことは絶対にありません。

とは言え女性からすると、作業員とは言っても赤の他人である男性が自分の部屋に
入ってくるというのはあまり気持ちの良いものではないと思います。

そういう意味では、開通に工事不要で見ず知らずの男性を部屋に入れる必要のない
ポケットWiFiは女性向きと言えるのではないでしょうか。

また光回線を開通させただけではWiFiは使えず、
光回線に市販のWiFiルーターを接続しないといけません。

このWiFiルーターの初期設定は、パソコンのブラウザからWiFiルーターの
設定画面に入り接続IDと接続パスワードを入力して・・・など機械が苦手な人には
簡単ではなかったりするんですよね。

最近はボタン1つ押すだけでOKの機種もありますが、
ポケットWiFiなら端末が手元に届いた段階ですでに初期設定が施されています。

スマホやパソコンなどをWiFi接続しないといけませんが、
初期設定の手間が省けるだけでも機械が苦手な人には大きなメリットだと思いますよ。

料金は甲乙つけがたい?

実家暮らしなら生活費を気にする必要はありませんが、
一人暮らしだと家賃だけでなく食費などの生活費も自分でやりくりすることになります。

そうなると通信費ぐらいは、安く抑えたいところですよね。

少し前であれば文句なくポケットWiFiの方が料金が安いと言えたんですが、
最近は甲乙つけがたくなっています。

スマホで言うところの格安SIMのようなサービスである「光コラボレーション」が
始まったことで、光回線も低料金化が進んでいます。

一人暮らしで一戸建ては少ないでしょうから、
当然アパートやマンションといった集合住宅に住んでいることがほとんどのはずです。

光回線は、1本の光ケーブルを独占できる一戸建てよりも、
1本の光ケーブルを何軒かで共有する集合住宅の方が料金が安くなっています。

光コラボレーションの場合、一戸建てだと月5,000円前後ですが、
集合住宅だと月4,000円ほどです。

ポケットWiFiの通信量無制限プランはWiMAXでもワイモバイルでも月4,380円
ですから、集合住宅だと光コラボレーションの方が若干料金が安くなるんですね。

料金割引のキャンペーンを行っているプロバイダでWiMAXのポケットWiFiを
申し込めば、無制限プランを3,500円以下で利用できる場合もあります。

光コラボレーション以外の光回線と比較すると、別に料金割引のある
WiMAXプロバイダで申し込まなくてもポケットWiFiの方が安くなります。

しかし光コラボレーションだと料金割引のあるWiMAXプロバイダで申し込まないと
ポケットWiFiの方が高くなってしまうので、料金については甲乙つけがたいんですね。

スマホとのセット割は光回線がお得

光コラボレーションを中心に、
特定キャリアのスマホとのセット割が利用できる光回線もあります。

スマホとのセット割が利用できる主な光回線は
 ・ドコモ光・・・ドコモ
 ・ソフトバンク光・・・ソフトバンク
 ・NURO光・・・ソフトバンク
 ・auひかり・・・au
 ・ビッグローブ光・・・au
 ・So-net光・・・au
 ・電力会社系光回線・・・au
などです。

大手携帯キャリアのスマホだけでなく、「ビッグローブ光とBIGLOBEモバイル」などの
ように格安SIMとのセット割が利用できるものもあります。

対してポケットWiFiは、スマホとのセット割が利用できるのはWiMAXぐらいです。

WiMAXのポケットWiFiであれば、
auスマホとのセット割である「auスマートバリューmine」が利用できます。

またソフトバンクでは、ソフトバンクスマホとソフトバンクのポケットWiFiでセット割が
適用されるようになっています。

ただワイモバイルのポケットWiFiとソフトバンクスマホではセット割は適用されませんし、
ドコモスマホや格安SIMとのセット割が利用できるポケットWiFiもありません。

WiMAXのポケットWiFiとauスマホとのセット割であるauスマートバリューmineも、
光回線とauスマホとのセット割に比べると割引額が小さいんですね。

なのでスマホ代と合わせた通信費全体で考えると、
ポケットWiFiより光回線の方が若干お得かもしれないですね。

固定WiFiとして使うことを前提としたポケットWiFiがある?

ポケットWiFiはあくまで持ち運んで使うことを前提としているので、
固定WiFiとして使うにはちょっと心許ないと思っている人も居ると思います。

確かにポケットWiFiは、端末の大きさが限られているので大きなアンテナを
搭載することができず、若干受信感度がよくありません。

ポケットWiFiで利用する電波と受信感度の悪さから、
室内ではポケットWiFiの電波が入りにくくなってしまうこともあります。

またポケットWiFiは、バッテリー消費を抑えるために、
WiFi出力も低く設定されています。

そのためポケットWiFiを置いてある部屋とは別の部屋では、
WiFiが繋がりにくいといったことも出てきてしまいます。

さすがに受信感度が良くなく、WiFi出力も低いとなると、
固定WiFiとして使うにはポケットWiFiでは力不足ですよね。

しかし実はポケットWiFiには「固定WiFiとして使うことを前提にした」機種もあるんです。

残念ながらワイモバイルにはありませんが、WiMAXには
 ・HOME L01
 ・HOME L01s
 ・HOME L02
といった据え置き型WiFiルーターがあります。

据え置き型WiFiルーターは、ポケットWiFiよりも大きい500ml缶ぐらいの大きさで、
バッテリーが搭載されていません。

常時コンセントで電源を供給しないと使えないので、
据え置き型WiFiルーターは固定WiFiとして使うことを前提した機種なんですね。

WiMAXの据え置き型WiFiルーターは、端末が大きくバッテリーも
搭載されていないので、ポケットWiFiよりも大きなアンテナを付けることができます。

またコンセントで電源を供給しますからバッテリーの消費を気にする必要が無く、
WiFi出力も強く設定されています。

アンテナが大きく受信感度が高いので多少弱い電波でも拾うことができますし、
WiFi出力も強いので家中にWiFi電波を行き届かせることができます。

なので固定WiFiとして使うのであれば、
ポケットWiFiよりも据え置き型WiFiルーターの方がおすすめですね。

ソフトバンクにも固定WiFiとして使うことを前提とした「SoftBankAir」がある

ワイモバイルには据え置き型WiFiルーターはありませんが、ソフトバンクには
固定WiFiとして使うことを前提とした「SoftBankAir」というサービスがあります。

先のWiMAXの据え置き型WiFiルーターと特徴的にはほとんど同じで、
利用する回線が違うぐらいです。

ただその利用する回線の違いが結構大きくて、
SoftBankAirは使いたくても使えない可能性があります。

SoftBankAirでは、ソフトバンクのLTE回線ではなく、
ワイモバイルの無制限プランでも使われている「AXGP」という回線を使います。

AXGPはPHS用の回線を改良したもので、モバイル回線としては比較的新しく、
基地局の整備がまだ十分に進んでいません。

そのため東京を中心とした関東では比較的広いエリアで使えるものの、
関東以外の地域では都市部と幹線道路沿いぐらいでしか使えないんです。

WiMAXの対応エリアも大手携帯キャリアのLTE回線に比べると狭いと言われますが、
AXGPの対応エリアはWiMAXに輪をかけて狭いので
使いたくても使えない可能性があるというわけです。

しかしWiMAXやワイモバイルのような3日間10GBという通信制限は、
SoftBankAirにはありません。

SoftBankAirはほぼ通信量使い放題なので、使えるのであればSoftBankAirの方が
WiMAXの据え置き型WiFiルーターより使い勝手は良いかもしれませんね。

-未分類

Copyright© ぽけわい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.