ポケットWiFiのはじめ方

ぽけわい!

安いポケットWIFI

ポケットWiFiを安い料金で無制限で使うには

投稿日:

「毎月のスマホ代だけでアップアップだから、
ポケットWiFiを使いたくてもなかなか踏ん切りがつかないんだよね」

「通信量無制限で4,380円は十分安いと思うだけど、
もっと安い料金でポケットWiFiを無制限に使うことってできないかな?」

WiMAXやワイモバイルのポケットWiFiを通信量無制限で使うと、
料金は月4,380円となります。

ドコモのポケットWiFiは月間通信量1GBで月4,300円ですから、
冒頭に書いたように通信量無制限で月4,380円は十分安いんですね。

ただ人間は贅沢なもので、WiMAXやワイモバイルといった
十分料金の安いポケットWiFiがあるのにもっと安いものが欲しいと思ってしまいます。

しかしそんな贅沢な欲望に応えてくれる、
月4,380円より安い無制限のポケットWiFiがあるんです。

WiMAXでもプロバイダによっては無制限プランが3,000円台で使えますし、
ポケットWiFiのレンタルサービスを利用する手もあります。

それでは、月4,380円よりも安い料金で通信量無制限のポケットWiFiを使う方法を
具体的に見ていきましょう。

無制限プランが3,000円台で使えるWiMAXプロバイダ

ワイモバイルのポケットWiFiは、
 ・公式オンラインショップ
 ・ワイモバイルショップ
 ・郵送
と申し込み方法はいくつかありますが、
基本的にワイモバイルで申し込まないと利用することができません。

しかしWiMAXには、WiMAXの回線事業者である「UQWiMAX」を含めて約20社の
プロバイダがあり、それぞれにポケットWiFiの申し込みを受け付けています。

UQWiMAXのサービス内容を踏襲しているWiMAXプロバイダも少なくありませんが、
中には通常よりも安い料金でサービスを提供しているところもあります。

料金の安いWiMAXプロバイダの代表的なところとしては
 ・BroadWiMAX・・・3,411円
 ・GMOとくとくBB・・・3,480円
 ・カシモWiMAX・・・3,480円
 ・BIGLOBEWiMAX・・・3,620円
 ・So-net・・・3,620円
などが挙げられます。

光回線はプロバイダによって通信速度の速い遅いがありますが、
WiMAXではプロバイダによる通信速度の違いはほとんど見られません。

なので無制限プランが3,000円台だからと言って、定価でサービスを提供している
WiMAXプロバイダより通信速度が遅いといったことはないんですね。

WiMAXでは特別なことをしなくても、先に挙げたようなプロバイダで申し込むだけで
ポケットWiFiが通常よりも安く利用できます。

キャッシュバックを利用する方法も

WiMAXプロバイダの中には、安い料金でサービスを提供しているところもあれば、
30,000円以上高額キャッシュバックが貰えるキャンペーンを行っているところもあります。

そのキャッシュバックを支払いに充てて、
ポケットWiFiの料金を実質的に安くすることも可能です。

30,000円以上の高額キャッシュバックが貰えるWiMAXプロバイダ
 ・GMOとくとくBB
 ・BIGLOBEWiMAX
 ・@niftyWiMAX
などです。

例えば一番高額なGMOとくとくBBでは、2019年4月現在、
最大37,100円のキャッシュバックが貰えます。

GMOとくとくBBでキャッシュバックを貰う場合には、無制限プランの料金が
 ・0~2か月目・・・3,609円
 ・3か月目以降・・・4,263円
となります。
(利用開始月を0か月目とし、0か月目は日割り計算)

WiMAXは2年契約が基本なので、
GMOとくとくBBの2年間の支払総額は104,613円、
キャッシュバックを料金支払いに充てると実質的な支払額は67,513円です。

1か月分の支払額は2,813円となり、先に紹介した無制限プランが3,000円台で
利用できるWiMAXプロバイダよりもさらに安くなるんですね。

キャッシュバックが貰えるのは約1年後、貰い損ねる危険性も

キャッシュバックをポケットWiFiの料金支払いに充てることで、
WiMAXの無制限プランを2,000円台で利用することもできます。

しかしWiMAXプロバイダのキャッシュバックはすぐに貰えるわけではなく、
利用開始後約1年経たないと貰えないことも多いんです。

実際先の3社はいずれも、
利用開始後12か月目にキャッシュバックが貰えるようになっています。

「別に約1年後だろうと、キャッシュバックが貰えるなら良いじゃん」
と思っていませんか?

実は申し込みからキャッシュバックを貰うまでの期間が長ければ長いほど、
キャッシュバックを貰い損ねる危険性が高くなるんです。

GMOとくとくBBと@niftyWiMAXでは利用開始後11か月目に、BIGLOBEWiMAXは
利用開始後12か月目にキャッシュバック手続きを案内するメールが送られてきます。

利用開始後すぐに手続きができれば、
キャッシュバックの受取が1年後でも貰い損ねる危険性はほとんどありません。

ところがキャッシュバックの手続き自体が利用開始後1年近く経ってから行われるため、
手続きをし忘れてしまう危険性が高くなるんです。

「いやいや、手続きが1年後だろうとお金が貰える手続きをし忘れるわけがない」
と思っている人も多いはずです。

ある光回線の代理店が調べたところによると、
利用開始からキャッシュバック手続きまでの期間が
 ・6か月・・・40%
 ・8か月・・・50~60%
 ・10か月以上・・・70%
の割合で手続きをし忘れているんだとか。

先のキャッシュバックが貰えるWiMAXプロバイダ3社はいずれも、
利用開始からキャッシュバック手続きまで10か月以上空いています。

ですから3人に2人以上が手続きをし忘れ、
キャッシュバックを貰い損ねるというわけです。

確かにキャッシュバックを支払いに充てることで
実質的な料金を大幅に安くすることはできますが、同時にキャッシュバックを
貰い損ねるリスクもあるということは覚えておいた方が良いですね。

家電量販店「エディオン」で申し込むとWiMAXの料金が安くなる!?

実はあまり知られていないんですが、一部のWiMAXプロバイダでは
月間7GB制限付きの標準プランが4年契約で利用できるようになっています。

無制限のポケットWiFiを安く使う方法を紹介するのに、
7GB制限プランが4年契約できることは関係無いと思いますよね。

実はWiMAXでは、標準プランを4年契約で利用し、
なおかつauスマホとのセット割である「auスマートバリューmine」に加入すると
月間7GBの制限が無くなるんです。

要するに標準プランの料金である3,696円で、通信量無制限に使えるということです。

これだけなら、先に紹介した無制限プランが3,000円台で利用できる
WiMAXプロバイダよりまだ若干高いですよね。

大手家電量販店である「エディオン」もWiMAXプロバイダの1つであり、
エディオンの店舗でもWiMAXのポケットWiFiが申し込めます。

エディオンでWiMAXのポケットWiFiを申し込み、
毎月の料金をエディオンのクレジットカードである「エディオンカード」で
支払うようにすると何と200円の割引が受けられます。

ですから
 ・エディオンでWiMAXのポケットWiFiを申し込む
 ・標準プランを4年契約にする
 ・auスマホとのセット割であるauスマートバリューmineに加入する
 ・WiMAXのポケットWiFiの料金をエディオンカードで払う
という全ての条件をクリアすることで、
月3,469円で無制限プラン(正確には7GB制限の無い標準プラン)が使えるんですね。

条件的にはかなり厳しいですが、「auユーザーである」「エディオンカードを持っている」
のであれば検討してみても良いんじゃないでしょうか。

ちなみにエディオンの系列店である「100満ボルト」でWiMAXのポケットWiFiの
申し込みをして、「100満ボルトカード」で料金支払いをする場合も200円割引と
なりますよ。

ポケットWiFiのレンタルサービスならLTE回線も安価で通信量無制限に

旅行などで海外に行く際、
ポケットWiFiのレンタルサービスを利用したことがあるという人も多いと思います。

実はこのポケットWiFiのレンタルサービスの中には、
安い料金で通信量が無制限に使えるものもあるんです。

例えば
 ・縛りなしWiFi
 ・FujiWiFi
 ・SPACEWiFi
などは、WiMAX回線を通信量無制限で使うことができます。

さらに
 ・STAR WiFi
 ・SAKURA WiFi
であれば、何とソフトバンクのLTE回線が通信量無制限となります。

ちなみに「FujiWiFi」でもソフトバンクのLTE回線が無制限で使えますし、
「縛りなしWiFi」と「SPACEWiFi」でも条件次第ではソフトバンクのLTE回線を
無制限で使うことになります。

いくら通信量無制限と言っても、WiMAXやワイモバイルの料金である
月4,380円より高いんじゃ意味がありませんよね。

FujiWiFiでソフトバンクのLTE回線を無制限で使う場合は月6,000円と
若干高めですが、それ以外は
 ・縛りなしWiFi・・・3,300円(13か月目以降2,800円)
 ・FujiWiFi(WiMAX)・・・3,200円
 ・SPACEWiFi・・・3,680円
 ・STAR WiFi・・・3,680円(クーポン利用時)
 ・SAKURA WiFi・・・3,680円(クーポン利用時)
となっています。

ちなみに「STAR WiFi」のクーポンは公式の申し込みサイトで、
「SAKURA WiFi」のクーポンはTwitter・Facebookの公式アカウントで入手可能です。

通常の4,380円より安いどころか、無制限プランが3,000円台で利用できる
WiMAXプロバイダと同等以上の料金で利用できます。

特に縛りなしWiFiは1年以上継続して利用すると料金が2,800円になりますから、
通信量無制限でこの料金は驚きの安さですね。

レンタルサービスでもWiMAXやワイモバイルと同じように使える

実際に利用したことがある人は分かると思いますが、
ポケットWiFiのレンタルサービスは最初に利用期間を決めて、
その分の料金を一括払いするのが基本です。

旅行や出張などでポケットWiFiの利用期間がハッキリ決まっている場合はそれでも
良いですが、普段使いだと利用期間が何か月何年になるかなんて分かりませんよね。

また1年分2年分の料金を前払いしなければならないとなると、
一時的とは言え金銭的負担も大きくなってしまいます。

しかし先に紹介したポケットWiFiのレンタルサービスでは、
最初に利用期間を決める必要も無ければ、料金を一括で前払いする必要もありません。

WiMAXやワイモバイルのように契約期間の縛りが無いので、
使い勝手が良ければ何年使っても良いですし、反対に使い勝手が悪ければ数か月で
解約することもできます。
(レンタルサービスなので数か月で解約しても違約金は不要)

料金支払いは1か月ごとですから、WiMAXやワイモバイルで契約するのと
同じような感覚でポケットWiFiを使うことができるんですね。

解約時は説明書1枚返却し忘れても弁償金

安い料金でWiMAX回線どころかソフトバンクのLTE回線も通信量無制限で使える
レンタルサービスですが、デメリットが無いわけではありません。

レンタルサービスですから、言葉は悪いですが、
端末は新品ではなく基本的に使いまわしの中古品です。

もちろん普通に使う分には何の支障もありませんが、
キズなど見た目に「使い古した感」があるのは否めません。

それから端末の盗難や紛失あるいは利用者の過失に因る故障の場合には、
別の端末を送ってもらうことはできますが、高額な弁償金を請求されます。
(経年劣化など自然故障は弁償金不要)

またポケットWiFiの解約時に、盗難や紛失で端末が返却できない、
利用者の過失に因る故障で返却はできても端末が使えないという場合も
弁償金を払わないといけません。

解約時には端末本体だけでなく、
充電器や説明書などの同梱物一式の返却が必要です。

ですから端末返却時に説明書1枚入れ忘れているだけでも、
弁償金を請求される恐れがあります。

弁償金の金額は事業者によって違いますが、端末本体の弁償金は20,000~40,000円、
充電器で1,000円程度、説明書類は数百円程度といったところです。

月額500円程度の補償オプションに加入しておくことで、盗難や紛失、
過失に因る故障での弁償金が減免されます。

-安いポケットWIFI

Copyright© ぽけわい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.