ポケットWiFiのはじめ方

ぽけわい!

ポケットWIFIを買う場所

ポケットWiFiは売ってる場所でお得さが違う?

投稿日:

「ポケットWiFiを売ってる場所ってどこなんだろう?」

「ネットに売ってるのは知ってるけど、
できればお店で色んな話を聞いてからポケットWiFiを契約したいんだよね」

ポケットWiFiはそれぞれの事業者やプロバイダ、
代理店などのネットサイトで申し込むというのが一般的です。

しかしポケットWiFiを初めて使う場合には、冒頭で書いたように
お店でポケットWiFiについての色んな話を聞きたいこともあると思います。

またポケットWiFiを申し込む際、
 ・氏名
 ・住所
 ・クレジットカード番号
などの個人情報をネットで入力することに抵抗感があるなんてこともあるかもしれません。

でもネット以外の方法でポケットWiFiを申し込むと言っても、
ポケットWiFiを売ってる場所がどこなのかよく分からないですよね。

実はポケットWiFiは
 ・ヤマダ電機
 ・ビックカメラ
 ・ヨドバシカメラ
 ・エディオン
 ・ケーズデンキ
 ・ノジマ
 ・コジマ
といった家電量販店のスマホコーナーにも売っています。

さらに
 ・ドコモ
 ・au
 ・ソフトバンク
の大手携帯キャリアのキャリアショップでもポケットWiFiの申し込みを
受け付けていますよ。

また変わったところでは、大学の生協でもポケットWiFiが売られています。
(大学生協の組合員でないと購入できない)

ただやはりお得に使いたいのであれば、
ポケットWiFiはネットで申し込んだ方が良いと思うんですよね。

ではポケットWiFiの申し込み先によってどのぐらい損得の差があるのが、
さらにはなぜネットで申し込む方がお得なのかなどを詳しく見ていきましょう。

家電量販店やキャリアショップはポケットWiFiの料金が高い?

同じ通信量無制限のポケットWiFiで、こちらは月額3,000円あちらは月額5,000円と
違いがあるなら料金の安い方を使いたいに決まっていますよね。

ポケットWiFiは、家電量販店やキャリアショップなどよりもネットで申し込んだ方が
料金が安く使える可能性が高いんです。

例えば通信量無制限のポケットWiFiの代表格である「WiMAX」は、ネットははもちろん、
 ・家電量販店
 ・auショップ
でも申し込むことができます。

ただしいずれも店舗での受付のみで、家電量販店のショッピングサイトや
auの公式サイトからWiMAXのポケットWiFiを申し込むことはできません。

家電量販店やauショップでWiMAXのポケットWiFiを申し込んだ場合は
 ・標準プラン(月間7GB)・・・3,696円
 ・ギガ放題プラン(通信量無制限)・・・4,380円
と料金はいわゆる「定価」となります。

ところがネットで申し込みを受け付けているWiMAXプロバイダの中には、
定価より安い料金でポケットWiFiサービスを提供しているところもあるんです。

有名どころの料金の安いWiMAXプロバイダを挙げるとすると
 ・BIGLOBEWiMAX・・・3,620円
 ・So-net・・・3,620円
 ・GMOとくとくBB・・・3,480円
 ・カシモWiMAX・・・3,480円
 ・BroadWiMAX・・・3,411円
といった辺りでしょうか。
(金額はギガ放題プランのもの)

BIGLOBEWiMAXとSo-netで月760円、GMOとくとくBBとカシモWiMAXでは
月900円、BroadWiMAXに至っては月969円も定価より安くなっています。

一般的なWiMAXの契約期間である2年間の支払総額にすると、
18,000~23,000円ぐらいの差になるんです。

塵も積もれば何とやらで、1か月単位では数百円程度の差でも2年単位になると
20,000円前後の差になるわけですから、これは決して小さくないですよね。

店舗でポケットWiFiを申し込んだからと言って料金が高くなるわけじゃありませんが、
ネットだと安く使える可能性があるだけに、
店舗での申し込みはお得じゃないというわけです。

キャンペーンもネットの方が豊富

ポケットWiFiの料金が安くなるのも良いですが、
ポケットWiFiの申し込みで何かしら特典が貰えるのも嬉しいですよね。

実はネットで申し込みを受け付けているWiMAXプロバイダやポケットWiFiの
代理店では、キャッシュバックが貰えるキャンペーンが行われていたりします。

キャッシュバックが貰えるWiMAXプロバイダは
 ・GMOとくとくBB
 ・BIGLOBEWiMAX
 ・@niftyWiMAX
 ・UQWiMAX
などです。

ちなみにGMOとくとくBBとBIGLOBEWiMAXでは、
キャッシュバックか料金割引のどちらか一方しか選べません。

先に紹介したようにギガ放題プランを3,000円台で利用する場合はキャッシュバックは
貰えませんし、キャッシュバックは貰う場合は料金は定価かそれに近い料金となります。

キャッシュバック金額は時期によって多少違いはあるものの、
 ・GMOとくとくBB
 ・BIGLOBEWiMAX
 ・@niftyWiMAX
では30,000円以上貰える可能性が高いですね。

家電量販店やauショップでは、
キャッシュバックが貰えるようなキャンペーンはほとんど行われていません。

なので同じWiMAXのポケットWiFiでも、
店舗じゃなくネットで申し込むことで30,000円以上お得になる可能性があるんですね。

家電量販店でキャッシュバックキャンペーンが行われることもあるが・・・

家電量販店やauショップでWiMAXのキャンペーンが全国一斉に行われることは、
まずありません。

しかし決算期を中心に、
店舗ごとに独自のWiMAXキャンペーンが行われることはあります。

この店舗ごとに行われるWiMAXのキャンペーンでは、
50,000円以上の超高額キャッシュバックが貰えることもあるんです。

ネットのキャッシュバックは30,000~40,000円ですから、キャンペーンが行われている
時期に限っては店舗でポケットWiFiを申し込んだ方がお得ですよね。

ところが家電量販店のキャンペーンで、5,000円10,000円程度ならともかく、
50,000円以上のキャッシュバックが貰えるとなると注意も必要です。

ネットで申し込むWiMAXプロバイダのキャンペーンでは、
キャッシュバックが貰うための条件は「キャンペーンサイトで申し込むこと」ぐらいです。

しかし家電量販店のキャンペーンは、
 ・他の電化製品の同時購入
 ・通常よりも高い料金でのポケットWiFiの利用
がキャッシュバックを貰うための条件となっていることも多いんです。

キャッシュバックと言っても現金が貰えるわけではなく、ポケットWiFiと同時に
購入した電化製品の割引という形でキャッシュバックを貰うことになります。
(キャッシュバック金額以上の価格の電化製品を購入しないといけない)

これだけなら現金は貰えませんが電化製品が安く手に入るのでお得はお得ですが、
これだけでは終わりません。

もう1つの条件である「通常よりも高い料金でのポケットWiFiの利用」
というのが大きなネックになります。

過去に実際行われた家電量販店のキャンペーンでは、
50,000円のキャッシュバックの代わりに通常より月1,500円ほど高い料金で
2年間ポケットWiFiを利用しなければいけませんでした。

2年総額だと通常よりも40,000円近く料金が高くなるので、50,000円の
キャッシュバックと言いながら実質的には10,000円ほどしかお得にならないんですね。

なので電化製品の同時購入や通常よりも高い料金での利用といった条件の
付いていないGMOとくとくBBなどでキャッシュバックを貰う方がお得ですよ。

ネットだとポケットWiFi料金の支払方法も選べる?

訪日外国人観光客が増加したこともあってか、
日本にもキャッシュレス化の波が押し寄せてきています。

実際、普段から現金を持たずに
 ・クレジットカード
 ・プリペイドカード
 ・電子マネー
で決済しているという人も少なからずいるんじゃないでしょうか。

ただ、プリペイドカードや電子マネーはともかく、
クレジットカードは簡単には作れませんよね。

特に大学生のように安定した収入が無い場合には、
クレジットカードを申し込んでも審査に落ちる恐れが高いです。

クレジットカードを持っていないあるいは持っているけど使いたくないという人が
ポケットWiFiを利用する場合は、料金は口座振替で支払うことになります。
(ポケットWiFiで請求書払いはほとんどできない)

ところが家電量販店などの店舗では、
クレジットカードが無いとポケットWiFiに申し込めないことが多くなっています。

WiMAXのポケットWiFiは、
どの家電量販店で申し込むにしてもクレジットカードが必要です。

ところが
 ・UQWiMAX
 ・BIGLOBEWiMAX
 ・BroadWiMAX
というWiMAXプロバイダであれば、
ネットからクレジットカード無しでもポケットWiFiの申し込みができます。

なのでクレジットカードを持っていないあるいは使いたくないという場合は、
損得と言うよりも、そもそもネットで申し込むしかないんですね。

ワイモバイルは逆に店舗だと口座振替もOK

通信量無制限のポケットWiFiと言えば、
WiMAXともう1つ「ワイモバイル」の名前が挙がります。

今やワイモバイルは「ソフトバンクの格安SIM」というイメージが強いですが、
通信量無制限のポケットWiFiサービスも行っているんですね。

WiMAXはネットでの申し込みだと支払方法が選べる可能性がありますが、
ワイモバイルは逆に店舗での申し込みで支払方法が選べるようになっています。

ワイモバイルの公式オンラインショップでポケットWiFiを申し込む場合には、
クレジットカードが必須となります。

しかし
 ・ワイモバイルショップ
 ・郵送
で申し込む場合には、支払方法として口座振替が選べます。

ポケットWiFiは家電量販店などよりネットで申し込む方がお得なのはなぜ?

ネットで申し込むタイプのWiMAXプロバイダであれば、
ポケットWiFiが通常よりも月1,000円近く安い料金で利用できたり、
ポケットWiFiを申し込むだけで30,000円以上のキャッシュバックが貰えたりします。

ところが家電量販店などの店舗では、
料金割引やキャッシュバックといったお得な特典が付くことはほとんどありません。

では、ネットで申し込むタイプのWiMAXプロバイダはお得な特典が付けられるのに、
家電量販店などの店舗で特典が付けられないのはなぜなのか疑問ですよね。

流通や小売りのシステムに詳しいわけではないので推測になりますが、
恐らくはポケットWiFi販売に掛かる「コスト」に関係があるのではないでしょうか。

家電量販店は、全国に店舗を展開し、
それぞれの店舗にある程度の人数のスタッフを常駐させないといけません。

土地代やテナント料、さらにはスタッフの人件費、商品となる電化製品の在庫管理や
配送など、1つの店舗を運営するのに素人が思い付くだけでこれぐらいのコストが
掛かります。

対してネットで申し込むタイプのWiMAXプロバイダは、
申し込みサイトと申し込みを受け付けるスタッフ、問い合わせに対応するスタッフを
用意すれば、全国からの申し込みに対応できます。

申し込みシステムの構築にも掛かりますが、
主なコストと言えばスタッフの人件費ぐらいです。

そのスタッフの人件費も、
全国に店舗展開している家電量販店に比べるとはるかに安く抑えることができます。

ポケットWiFi契約1件当たりの利益は同じでしょうから、
よりコストの掛からないネットで申し込むタイプのWiMAXプロバイダでは
料金割引やキャッシュバックといった特典を付けることができるというわけなんですね。

-ポケットWIFIを買う場所

Copyright© ぽけわい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.