ポケットWiFiのはじめ方

ぽけわい!

家電量販店のポケットWIFI

ポケットWiFiをビックカメラで申し込むのってお得?

投稿日:

「『ビックカメラ』とか家電量販店でもWiMAXのポケットWiFiが申し込めるなんて
知らなかったなぁ」

「ビックカメラは電化製品も安いってイメージだから、
WiMAXのポケットWiFiもお得に申し込めたりするんじゃない?」

最近はネット通販に押されつつあるものの、電化製品を安く買いたい場合には
まずビックカメラなどの家電量販店に足を運びます。

そんな電化製品が安く買えるビックカメラですから、
当然WiMAXのポケットWiFiもお得に申し込めるじゃないかと期待しちゃいますよね。

もちろんメリットもあるんですが、
正直ビックカメラでWiMAXのポケットWiFiを申し込むのはあまりオススメできません。

料金があまり安くない上にキャッシュバックなどのお得なキャンペーンも無く、
ビックカメラでWiMAXのポケットWiFiを申し込むのは金銭的にお得じゃないからです。

また申し込みにはクレジットカードが必須だったり、
サポート面もあまり充実していないなど使い勝手も良いとは言えないんですね。

ではビックカメラのWiMAXがどれぐらい金銭的にお得じゃないのか、
使い勝手が良くないのかなどを具体的に見ていきましょう。

さらにWiMAXのポケットWiFiをお得に使う方法なんかも紹介するので、
ポケットWiFiを検討する際の参考にしてみてください。

ビックカメラで申し込めるのは「BICWiMAX」

WiMAXには約20社のプロバイダがあるんですが、ビックカメラで申し込む場合には
好きなWiMAXプロバイダを選べるというわけではありません。

これはビックカメラに限ったことではなく、他のWiMAXを取り扱っている
家電量販店でも同じで申し込めるWiMAXプロバイダが決まっています。

ビックカメラで申し込めるWiMAXプロバイダは「BICWiMAX」です。

BICWiMAXは、
ビックカメラ自らがプロバイダとして提供しているWiMAXサービスなんですね。

現在ビックカメラの子会社となっている家電量販店の「コジマ」でWiMAXの
ポケットWiFiを申し込んだ場合もBICWiMAXを使うことになります。

BICWiMAXには以前は
 ・1年契約プラン
 ・ダブル定額
 ・1dayプラン
などの料金プランもありましたが、現在は
 ・BIC定額ギガ放題(通信量無制限)・・・4,380円
 ・BIC定額2+(月間7GB)・・・3,696円
の2プランのみです。

両プランともにいわゆるWiMAXの「定価」であり、
他のWiMAXプロバイダに比べて決して料金が高いわけではありません。

しかし家電量販店系以外のWiMAXプロバイダには、
ギガ放題プランが3,000円台で利用できるところもあります。

そうしたWiMAXのポケットWiFiが安く使えるWiMAXプロバイダがあるだけに、
定価だと安くないと感じてしまうんですね。

ちなみにBICWiMAXについて説明している一部のネットサイトでは、
「BICWiMAXの料金プランはギガ放題のみ」となっていることがあります。

BICWiMAXの公式サイトでは、「1年契約プラン」など取り扱いが終了している
料金プランには「新規受付終了」の注釈が付けられています。

しかし月間7GB制限付きの「BIC定額2+」には新規受付終了の注釈が付いてないので、
恐らくは現在でもBIC定額2+の新規申し込みができるのではないでしょうか。

キャッシュバックなどのお得なキャンペーンは無い

ネットで申し込むタイプのWiMAXプロバイダの中には、料金が定価で安くない
代わりにキャッシュバックが貰えるお得なキャンペーンを行っているところもあります。

WiMAXの回線事業者でもある「UQWiMAX」では
最大10,000円のキャッシュバックが貰えますし、
30,000円以上の高額キャッシュバックが貰えるWiMAXプロバイダもあります。

そうすると、料金が定価のBICWiMAXでもキャッシュバックが貰えるキャンペーンを
期待してしまいますよね。

しかし、残念ながらBICWiMAXではキャッシュバックが貰えるキャンペーンは
行われていません。

料金が定価でキャッシュバックも無いからと言って、別に損するわけではありません。

とは言え、他のWiMAXプロバイダでは料金が安くなったりキャッシュバック貰える
こともあるわけですから、両方無しだとお得じゃないと思われても仕方ないんですね。

ビックカメラで高額キャッシュバックキャンペーンが行われることもあるが・・・

ビックカメラの店舗では、時折50,000円60,000円といった超高額キャッシュバックが
貰えるWiMAXのキャンペーンが行われていることがあります。

先にも書いたようにキャッシュバックが貰えるWiMAXプロバイダはありますが、
さすがに50,000円60,000円も貰えるところはありません。

なのでビックカメラで超高額キャッシュバックキャンペーンを見つけたら
ラッキーとばかりにすぐにでも申し込みましょう!

・・・と言いたいところですが、
ビックカメラのキャッシュバックキャンペーンには注意が必要です。

例えば、過去にビックカメラで行われたキャンペーンでは50,000円のキャッシュバックが
貰えたんですが、現金ではなくビックカメラの商品券でした。

さらに「まとめてプラン」という、通常よりも月1,500円以上高い料金プランを
2年間使い続ける条件も付いていたんです。

商品券なのはまだ良いとしても、1,500円高い料金だと2年総額で約40,000円も
通常より余分に支払うことになってしまいます。

なので実質的なキャッシュバック金額は、10,000円ほどしか貰えないんですね。

ビックカメラに限らず家電量販店の高額キャッシュバックキャンペーンでは、このように
通常よりも高い料金プランで契約させられる恐れがあるので要注意なんですね。

ビックカメラでWiMAXを申し込む場合にはクレジットカードが必須

日本も徐々にキャッシュレス化が進んでいるとは言え、
若い人はクレジットカードを持っていないことも多いと思います。

特に大学生だと、
安定した収入が無いのでクレジットカードの審査に通らないことも少なくありません。

スマホならクレジットカード無しでも
 ・口座振替
 ・請求書払い
でも申し込むことができますが、
BICWiMAXの申し込みにはクレジットカードが必須となっています。

BICWiMAXでは口座振替も利用できるんですが、BICWiMAX利用開始後に
支払方法をクレジットカードから口座振替に変更することが可能となっているだけです。

申し込みの段階ではクレジットカード必須で、
最初から支払方法を口座振替にしてBICWiMAXに申し込むことはできません。

クレジットカード必須のWiMAXプロバイダが多いとは言え、
クレジットカードを持っていない使いたくないという人からすると
BICWiMAXは申し込みにくいWiMAXプロバイダですね。

BICWiMAXはアフターサポートが基本有料

ポケットWiFiを契約したは良いものの、
スマホやパソコンの接続の仕方が分からないなんてこともありますよね。

またポケットWiFiを既に利用している時でも、
突然パソコンとの接続が切れて繋げなくなってしまったということもあったりします。

機械関係に詳しい人であればすぐに原因を突き止めて対処することもできますが、
あまり機械に詳しくない人だと原因も分からなければ対処法も分からず
途方に暮れることになってしまいます。

そんな時頼りになるのがプロバイダのサポートですが、
BICWiMAXでは基本的にサポートが有料となっています。

オペレーターがパソコンを遠隔操作する「遠隔サポート」や
担当者が自宅に来てくれる「訪問サポート」が有料なのは、ある程度仕方ありません。

しかしサポートセンターに電話してトラブルの相談ができる「電話サポート」も、
有料オプションに加入していないと利用できないのはちょっと不便ですね。

ビックカメラでポケットWiFiを申し込むメリットがデメリットになることも

ビックカメラなどの店舗でWiMAXのポケットWiFiを申し込むメリットの1つに
「店員さんの話が聞ける」ということがあります。

スマホはある程度使い慣れているので使い方を教えてもらう必要はありませんが、
ポケットWiFiはあまり使ったことがないので説明書だけだと使い方が
よく分からなかったりするんですよね。

ビックカメラなどの店舗であれば、実際のポケットWiFi端末を使いながら店員さんに
使い方のレクチャーを受けることができます。

料金プランの相談もできますし、
その他分からないことや不安なことなどをその場で質問することもできます。

なので特に初めてポケットWiFiを利用する場合には、
ネットではなく店舗で申し込みたいと考える人も多いわけです。

ところがこの「店員さんの話が聞ける」というメリットがデメリットになってしまうことも
あるんです。

ビックカメラなど家電量販店の店員さんは、あくまで「電化製品のスペシャリスト」で
あって「ポケットWiFiのスペシャリスト」ではありません。

そのためWiMAXのポケットWiFiのサービス内容を十分に理解していない
といったことがあります。

例えばTwitterなどでよく言われているのが、「LTEオプション」に対する説明不足です。

LTEオプションはWiMAXのポケットWiFiでauのLTE回線が使えるサービス
なんですが、これを利用すると月間通信量が7GBに制限されてしまいます。

しかもギガ放題プランを利用している場合でも例外ではありませんし、
LTEとWiMAXの合計通信量が月間7GBに制限されます。

なので極端な話、ギガ放題プランを利用していて既にWiMAXで7GB以上
使っていると、LTEオプションを使った途端に通信制限を受けることになります。

家電量販店でWiMAXを申し込む際にこの説明がなされておらず、通信制限を受ける
ことを知らずにLTEオプションを使ってしまったというツイートが少なからず見られます。

意図的に説明しなかったのではなく、恐らくWiMAXのサービス内容を
十分理解していないので説明できなかったんだと思われます。

このようにビックカメラなどの家電量販店でポケットWiFiを申し込むメリットが、
デメリットになってしまうこともあるので要注意ですよ。

WiMAXのポケットWiFiをお得に申し込むなら

ビックカメラでWiMAXのポケットWiFiを申し込むのがお得じゃないなら、
どこで申し込むのがお得なんだ!って思いますよね。

先にも書いたように、WiMAXプロバイダには
キャッシュバックキャンペーンを行っているところがいくつかあります。

キャッシュバックを行っているWiMAXプロバイダの中でも特に高額なのが
 ・GMOとくとくBB・・・最大37,100円
 ・BIGLOBEWiMAX・・・最大30,000円
 ・@niftyWiMAX・・・最大30,000円
といったところでしょうか。
(金額は2019年4月現在)

キャンペーンサイトから申し込むぐらいの条件だけで、
ビックカメラのように通常より高い料金プランを使わされることはありません。

ただ一番早くキャッシュバックが貰える@niftyWiMAXでも利用開始9か月後で、
キャッシュバックが貰えるまでに日数が掛かるのが少しネックではあります。
(GMOとくとくBBはBIGLOBEWiMAXは利用開始12か月後)

人によっては「キャッシュバックは要らないから、毎月の料金が安い方が良い」
という場合もあるかもしれません。

料金の安いWiMAXプロバイダだと
 ・GMOとくとくBB
 ・BIGLOBEWiMAX
 ・So-net
 ・カシモWiMAX
 ・BroadWiMAX
あたりですね。

ちなみにGMOとくとくBBとBIGLOBEWiMAXは、キャッシュバックを貰うと
料金割引は受けられませんし、料金割引を受けるとキャッシュバックは貰えません。

BIGLOBEWiMAXやSo-netは月700円以上、GMOとくとくBBやカシモWiMAX、
BroadWiMAXは月900円以上の料金割引が受けられます。

BIGLOBEWiMAX・So-net・GMOとくとくBBは料金割引が利用開始から
3年間続くので、通常よりも30,000円以上お得になるんですね。
(カシモWiMAXとBroadWiMAXは利用開始から2年間で20,000円以上お得に)

ただし利用開始から2年あるいは3年が経過すると料金割引がなくなるので、
プロバイダを乗り換えずに長期利用する場合は注意が必要です。
(定価より高くなることはない)

ビックカメラなどの家電量販店でWiMAXについて話を聞いておいて、
ネットでキャッシュバックや料金割引のあるWiMAXプロバイダで申し込むのが
賢いポケットWiFiの申し込み方ですよ。

-家電量販店のポケットWIFI

Copyright© ぽけわい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.