ポケットWiFiのはじめ方

ぽけわい!

携帯キャリアのポケットWIFI

auでポケットWiFiを申し込むとWiMAXに!?

投稿日:

「ドコモとかソフトバンクのポケットWiFiは知ってるけど、
auにもポケットWiFiってあるの?」

「スマホがauだから、セット割も期待できそうだし、
auにポケットWiFiがあるなら使いたいなぁ」

ドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯キャリアでは、
それぞれポケットwifiサービスの受付を行っています。

しかしWiMAXやワイモバイルに比べると、
大手携帯キャリアのポケットWiFiサービスってあまり知名度が高くありません。

そこでここではauのポケットWiFiのサービスと、auでポケットwifiを利用する場合に
注意すべき点などについて詳しく見ていきたいと思います。

auのポケットWiFiの利用を考えているなら、
知っておいて損の無い内容となっているはずですよ。

auに独自のポケットWiFiサービスは無い

あまり知られていないだけでauにも独自のポケットWiFiサービスがある、
と言いたいところなんですが、実はauに独自のポケットWiFiサービスはありません。

実はauと同じKDDIグループに、
WiMAXの回線事業者でもある「UQWiMAX」があります。

その関係から、auでは独自のポケットWiFiサービスを行わず、
WiMAXの代理店のような形になっているんですね。

ですからauショップでポケットWiFiを申し込むと、
WiMAXのポケットWiFiを利用することになります。

ちなみにauを通してWiMAXが申し込めるのはauショップのみで、
auの公式オンラインショップではWiMAXの取り扱いがありません。

auでWiMAXのポケットWiFiを申し込むメリットは無い?

WiMAXのポケットWiFiは、プロバイダごとにキャッシュバックや料金割引などの
お得なサービスが行われています。

それだけにauでWiMAXのポケットWiFiを申し込むと、
auならではのお得な特典が付くんじゃないかと期待しちゃいますよね。

しかし残念ながら、
auでWiMAXのポケットWiFiを申し込むメリットはほとんど無いんです。

まず、キャッシュバックや料金割引といったお得な特典が貰えるキャンペーンが
ほとんど行われていません。

「GMOとくとくBB」や「BIGLOBEWiMAX」などのWiMAXプロバイダでは、
30,000円以上の高額キャッシュバックが貰えます。

また「BroadWiMAX」や「So-net」などでは、
通常4,380円の無制限プランが3,000円台で利用できるようになっています。

ところがauでは、キャッシュバックはもちろん貰えませんし、
料金も無制限プランだと通常の4,380円です。

auショップではポケットWiFiのサポートは受けられない!?

それからauショップで申し込めるからと言って、
サポート体制が充実しているとも言えないんです。

ポケットWiFiを初めて使うという人も多いでしょうから、利用開始後に何かトラブルが
発生した場合にメールや電話じゃなくてどこか窓口で相談したいですよね。

そこで何かあった場合でもすぐに相談できるということで、
auショップでWiMAXのポケットWiFiを申し込むなんてことがあるかもしれません。

ところがauショップではWiMAXのポケットWiFiの販売を行っているだけであり、
アフターサポートは行っていないんですね。

ポケットWiFiを申し込む際には、ポケットWiFiの使い方の説明や自分に合った
料金プランの相談などはしてもらえます。

また端末が故障した場合の修理や交換もauショップで受け付けてくれます。

しかしポケットWiFiの設定に関する相談や料金プラン・支払方法の変更
だとかいったことは、auショップでは受け付けてもらえません。

もちろん簡単な質問ぐらいなら答えてくれるでしょうが、
サポートセンターに電話するように言われるだけで、auショップで何かしらの
サポートは基本的に行ってもらえないと思っておいた方が良いです。

これは別にauショップが悪いわけではなく、auショップにはあくまでWiMAXの
「販売代理店」としての役割しか与えられていないからです。

別にサポートを専門に行うサポートセンターがあるわけで、
auショップがサポートまで行うのは言わば「越権行為」なんですね。

auでポケットWiFiを長期利用すると料金が高くなる?

auショップでWiMAXのポケットWiFiを申し込むと、
無制限プランの料金は通常の4,380円になると先に書きました。

WiMAXの回線事業者でもUQWiMAXを筆頭に、
無制限プランを通常料金で提供しているWiMAXプロバイダも少なくありません。

ですからauショップでWiMAXが通常料金になるということだけでは、
特に金銭的に損とまでは言えません。

しかしWiMAXのポケットWiFiを3年4年と長期に渡って利用する場合には、
auショップで申し込むのは明らかに金銭的に損です。

auショップでWiMAXのポケットWiFiを申し込んだ場合、無制限プランが4,380円で
利用できるのは最初の2年間だけ、3年目以降は500円アップの4,880円になります。

元々WiMAXの無制限プランは4,880円が通常料金で、
利用開始から2年間は特別に割引が適用されて4,380円になっていたんですね。

ところが、ユーザーが2年以上定着しないこともあってか、
多くのWiMAXプロバイダでは3年目以降も割引が継続されて恒常的に4,380円で
利用できるようなりました。

なのでWiMAXのポケットWiFiを使うのであれば、
キャッシュバックや料金割引は別にしても、無制限プランが恒常的に4,380円か
それ以下で使えるWiMAXプロバイダで申し込む方がお得なんですね。

3年目以降に無制限プランの料金が4,880円になるのは、
auショップに限ったことではありません。

WiMAXプロバイダには
 ・ヤマダ電機
 ・ヨドバシカメラ
 ・ビックカメラ
 ・エディオン
といった大手家電量販店も名を連ねていますが、こうした大手家電量販店で
申し込んだ場合も3年目以降無制限プランの料金が4,880円となります。

auショップや家電量販店などの店舗でポケットWiFiを申し込むと、
店員さんに色んな相談ができるだけでなく、即日開通できるというメリットがあります。

ただWiMAXのポケットWiFiの長期的な利用を考えた場合には、
分からないことはメールや電話でしか問い合わせるしかなく、
即日開通ができないとしてもネットで申し込んだ方が金銭的にお得ですよ。

auスマートバリューmineはauショップ以外での申し込みでも利用できる

auでは「auひかり」という光回線サービスも行っており、auスマホとauひかりを一緒に
使うと「auスマートバリュー」というセット割が適用されます。

auスマートバリューの対象となる固定回線はauひかりだけでなく
 ・ビッグローブ光
 ・So-net光
 ・@nifty光
などの光コラボレーションや
 ・コミュファ光
 ・eo光
などの電力会社系光回線も含まれています。

さらに光回線だけではなく、「J:COM」や地域限定でサービスを行っている
ケーブルテレビもauスマホとセットで使うことでauスマートバリューが適用となります。

このauスマートバリューは光回線やケーブルテレビといった固定回線とauスマホとの
セット割ですが、実はWiMAXのポケットWiFiとauスマホとのセット割もあるんです。

それが「auスマートバリューmine」です。

auスマートバリューが最大2,000円割引なのに対して、auスマートバリューmineは
最大1,000円割引ですから割引額は少し小さくなってしまいます。

とは言え光回線やケーブルテレビに比べてWiMAXのポケットWiFiは料金が
安いですから、例え割引額が小さくなってもお得なことに違いは無いですよ。

このauスマートバリューmineの申し込みをauショップでも受け付けていますが、
別にWiMAXのポケットWiFiをauショップ申し込まないと適用されないわけでは
ありません。

UQWiMAXやBIGLOBEWiMAXなどのWiMAXプロバイダで申し込んでも、
別途auショップなり電話で申し込みをすればauスマートバリューmineが適用されます。

WiMAXプロバイダによってはauスマートバリューmineが利用できないことも

auショップで申し込まなくても良いものの、
ポケットWiFiの申し込み先によってはWiMAXのポケットWiFiとauスマホを
セットで使っているのにauスマートバリューmineが適用されないこともあるんです。

WiMAXプロバイダの中には、
auスマートバリューmineの対象となる提携事業者になっていないところがあります。

UQWiMAXはもちろん、
BIGLOBEWiMAXやSo-netなどの有名どころはほとんど提携事業者となっています。

ところが
 ・カシモWiMAX
 ・novasWiMAX
など少し知名度の低いWiMAXプロバイダは提携事業者になっていないことも
少なくありません。

カシモWiMAXは、WiMAXプロバイダの中でも無制限プランが最安クラスの料金で
利用できるようになっています。

それだけに、少しでも料金の安いWiMAXプロバイダを探してカシモWiMAXに
辿り着くことは十分考えられます。

ポケットWiFi単体で考えるとカシモWiMAXの方が料金が安いとしても、
通信費全体ではauスマートバリューmineが使えるWiMAXプロバイダの方が
安くなる可能性が高いです。

なのでauのスマホユーザーの場合は、
申し込み先のWiMAXプロバイダでauスマートバリューmineが利用できるかどうかを
事前にチェックしておいた方が良いですね。

WiMAXのポケットWiFiではau回線も使える

WiMAXの対応エリアは、
auを含めた大手携帯キャリアの対応エリアよりも若干狭くなっています。

それだけに場所によっては、
au回線は繋がるのにWiMAX回線は繋がらないというケースも出てきます。

WiMAX回線が繋がる場所まで移動できれば良いですが、
移動できない場合にはポケットWiFiが全く役に立たなくなってしまいます。

そこでWiMAXのポケットWiFiでは、au回線も使えるようになっているんです。

通信モードを通常の「ハイスピードモード」から「ハイスピードプラスエリアモード」に
切り替えることで、WiMAXのポケットWiFiでau回線が使えます。

これなら、WiMAXの電波が弱いエリアでもポケットWiFiがムダになりません。

ただWiMAXのポケットWiFiでau回線を使う場合には、
注意しなければならないこともあります。

まず1つは、au回線の利用は基本的に有料だということです。

ハイスピードプラスエリアモードを使う場合には、
別途1,005円のオプション料金が必要なんです。

au回線を使った月のみオプション料金が発生する形なので、
他のオプションのように使わないのに料金が発生するということはありません。

また最近は3年契約を基本とするWiMAXプロバイダが増えており、
3年契約でポケットWiFiを利用する場合はオプション料金無しでau回線が使えます。

au回線を使うと無制限プランなのに月間通信量7GBまでに!?

au回線の利用が有料ということ以上に大きな問題なのが、
au回線を使うと無制限プランであっても月間通信量が7GBに制限されるということです。

しかもau回線とWiMAX回線の通信量がそれぞれ月間7GBに制限されるのではなく、
au回線とWiMAX回線の合計通信量が月間7GBに制限されます。

極端な話、WiMAX回線を月7GB以上使っている状態で
au回線に切り替えると即通信制限を受けることになるわけです。

またWiMAXには、
月間通信量オーバーによる通信制限を解除する方法が用意されていません。

なのでau回線とWiMAX回線の合計通信量が7GBを超えた場合は、
月が変わるまで通信速度がガラケー並の最大128Kbpsとなってしまいます。

ガラケー並の通信速度では画像1枚表示するのにも時間が掛かりますから、
SNSやネットサーフィンすら快適に使えません。

家電量販店ではこの辺りを詳しく説明してくれないこともあるようですから、
店舗にWiMAXの話を聞きに行く場合にも注意は必要ですよ。

-携帯キャリアのポケットWIFI

Copyright© ぽけわい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.